FRI(第1週)
21:00-21:30

主催:山形大学、エフエム山形
後援:山形県教育委員会

栗山 恭直
(山形大学理学部教授)
大屋 香里
(エフエム山形アナウンサー)
県内の中学生を対象に、最新の科学をわかりやすい実験を通じて紹介! サイエンスマジックを体感することで、科学への関心を高めるきっかけを作っていきます!
  • 山大サイエンスラボ

    実験の模様や生徒達の感想をお届けします。
  • エンジョイ!スクールライフ

    中学校の「今」を紹介!学校の特徴、生徒達の間で流行していること、人気の生徒・先生、話題の部活動や取り組みを生徒達にインタビュー!学校の知られざる一面がわかるかも?
2016.09.13.Tue

エンジョイ!スクール・ライフ 米沢一中編

2016年7月13日訪問

ここでは、米沢市立第一中学校のみなさんのスクールライフ、学校の「今」を、皆さんからご記入いただいたアンケートを基に、いくつかご紹介していきます。

imgp0992
米沢市の中心部を学区とする米沢第一中学校は、生徒一人一人が一中生としてのプライドを持ち、部活動・勉強・学校行事まで何事にも全力で取り組み、東北一の学校を目指しています。学校の敷地内には銀杏の木があり、みんなで銀杏を拾い集め、それを売って生徒会活動の資金にしているんだそうです。くさ~い銀杏の木も米沢一中生にとっては大切な宝の木ですね。

 

<中学校生活について>

Q、学校で楽しいと思っていることは?

A, 部活動、休み時間、友達とはしゃぐこと、読書など。先輩達の思いを胸に部活動を楽しく頑張っています!なんて頼もしい声もありました。

 

Q、楽しい先生・生徒といえば?

A, 米沢一中の楽しい先生は、すべるギャグでみんなを笑わせてくれる社会の長岡先生、理科の香曽我部先生、そして数学の石黒先生の授業がおもしろいので楽しみにしていますー!なんていう勤勉家の声もありましたよ!すばらしい!( ^)o(^ )ちなみに香曽我部先生は栗山先生の教え子なんだそうです。これからも栗山先生から受け継いだサイエンス魂を生徒達に伝えてほしいですね。 楽しい生徒には、木村小次朗くん、安部美月さんの名前があがっています。

 

Q, 米沢一中で足りないと思うものは?

A,  給食の時間、昼休み、おもしろさ、睡眠時間、勉強、休日など…。色々な意見が出た中でも、みんなから「疲れた」「遊びの時間が足りない」っていう声が多いけど、学校の授業と遊びを両立できるような計画性をもっと持つべきだ!いう生徒がいて、ワタクシ感動しました。まさに生徒の鏡ですね。その一方で、授業をもっと面白さがもっとほしい!じゃないと眠くなっちゃう…なんての声も。う~ん、これは夏休みぼけってことにしておきましょうかね(笑)新学期、気合を入れてがんばって!

 

▼終始笑いがたえない、ツッコミどころも満載の楽しいインタビューでした。米沢一中2年3組でTM Revolutionが

大流行しているというのはビックリ!生徒の一人が「HOT LIMIT」をアカペラで歌って場を盛り上げてくれました!笑

写真撮影の時、頭の上で手をクロスしていたのもTM Revolutionのモノマネなんだそうですよ(*^。^*)

imgp1015
▼実験に参加してくれた2年3組のみなさんとパシャリ! 何人かはTM Revolutionポーズです★笑

imgp1013

米沢第一中学校のみなさん、ありがとうございました!

MESSAGE&REQUEST

メッセージ&リクエスト受付中

シェア

このエントリーをはてなブックマークに追加