FRI(第1週)
21:00-21:30

主催:山形大学、エフエム山形
後援:山形県教育委員会

栗山 恭直
(山形大学理学部教授)
大屋 香里
(エフエム山形アナウンサー)
県内の中学生を対象に、最新の科学をわかりやすい実験を通じて紹介! サイエンスマジックを体感することで、科学への関心を高めるきっかけを作っていきます!
  • 山大サイエンスラボ

    実験の模様や生徒達の感想をお届けします。
  • エンジョイ!スクールライフ

    中学校の「今」を紹介!学校の特徴、生徒達の間で流行していること、人気の生徒・先生、話題の部活動や取り組みを生徒達にインタビュー!学校の知られざる一面がわかるかも?
2017.03.20.Mon

エンジョイ!スクール・ライフ 東根三中編

2017年2月21日訪問

東根市立第三中学校のみなさんのスクールライフ、学校の「今」を、インタビューの声と、1・2年生の皆さんからご記入いただいたアンケートを基に、ご紹介していきます。

来年度、創立55周年という節目の年を迎える東根三中。東根市の東部、果樹園などの田畑が山間部まで広がる地域に位置し、東郷・高崎の2つの地区から、99名の生徒が通っています。「知性・感性・品性」を大切に、16年前に建て替えられた吹き抜けの開放的な校舎で、少人数の利点を生かした体験・実感を重視した授業が行われています。


インタビューに参加してくださったのは、森谷春仁くん(生徒会長・2年)、大江智也くん(サッカー部部長・2年)、奥山涼香(すずか)さん(総合運動部/弓道・2年)、菅原(すがはら)一妃(いつき)さん(総合運動部/ラグビー・2年)、先生代表は長谷部静香先生(音楽)の5人です。

Q, 東根三中の特色を教えてください!
A, 生徒同士が上下関係なく自然に挨拶ができる関係があります。心がけているというよりは、当たり前になっている感じ。先輩たちがやってきたことを代々受け継いで今に至っていると思います。また、明るい時とやらなきゃいけない時のメリハリのある生徒が多いです。


Q, 学校で力を入れていることは?
A, 今(インタビュー当時)は卒業式に向けて、門出式の準備と、卒業生のために「階段アート」の制作に取り掛かっています。校舎の中央にある階段の側面を利用して、在校生全員が卒業生へのメッセージを書き込んでいます。少しずつメッセージが増えてきて完成が楽しみなのと、卒業生が喜んでくれると嬉しいです。


Q, 部活動について教えてください!
A, 1つの部に対してどの部も人数が少ないのが悩みです。自分たちの代(2年)が引退すると人数が足りなくなる部もあるので、結果をしっかり残すことで「あの部に入りたい!」と思ってもらえるよう、現在勢力拡大のために個々の力を付けています!また課外活動も盛んで、テニスや弓道、女子ラグビーなど、様々な活動をしている生徒がいます。


Q, 先生から見た、学校のいいところはどこですか?
A, 子どもたち一人一人の生活がきちんとしていて、何でも一生懸命で、何かをする時はみんなで頑張るということができる学校です。人とのつながりを大事にしているところが良いなといつも思っています。


インタビューに参加してくれた奥山さんと菅原さんはそれぞれ、弓道と女子ラグビーを小学校高学年から始めたとか。「後輩に頼られるのが嬉しい」と、学校外でも人とのつながりを大事にする姿勢が感じられました。様々なフィールドで活躍している生徒の良いところをきちんと見極め、育てていける先生方の存在は頼もしいですね!!


続いては、1・2年生のみなさんからいただいたアンケートの結果を大発表!

Q, 学校で楽しいと思っていることは?
A, 1年生は『部活動』がダントツ1位の回答!中学校から始まった部活動に熱心に打ち込んでいる様子が伝わります。2年生はちょっとオトナな回答が目立つ中、学校生活残り1年という時間を意識した回答が多くありました。
【部活動】・サッカーをしている時 ・フルートを吹いている時  など
【友達との時間】・友達と学校の雪かき ・友達と大好きなアニメの話をする ・友達が笑顔でいること ・好きな先輩に会うこと♡ など
【学校行事】・授業 ・本を読んでいる時  など


Q, 楽しい先生を教えてください!
A, たくさんの先生の名前があがりました!
【英語の佐々木先生】爽やかで笑顔が素敵、授業でなぞなぞを出してくれる
【美術の齋藤先生】面白い話をしてくれる
【武田先生】訛りがおもしろくて話しやすい
【植松先生】映画マニア
【結城先生】部活動や授業で励ましてくれる
【社会の三宅先生】眼鏡をとった顔がおもしろい、いつも笑っていて明るい
【音楽の長谷部先生】たまにおかしいことを言うのがツボ
【笹原校長先生】色んな体験談が聞けておもしろい
【理科の和泉先生】冗談がおもしろい、「謙虚に生きろ」という言葉が心に響いた
etc…楽しい授業の様子と先生たちとの良い関係が伝わってきますね♪勉強だけじゃなく、いろんな刺激を与えてくれる先生って、生徒たちにとってすごく大きな存在です^^


Q, 中学生のうちにやっておきたいことは?
A, 小学校からずっと一緒の顔ぶれも多く、高校に進学すると離れ離れになってしまう寂しさが見え隠れする回答でした。
【学校生活】・定期テストで500点 ・英語をもっと頑張りたい ・クラス全員笑顔で卒業 ・学校の不思議を見つける ・図書館の本をたくさん読む ・先生にドッキリ  など
【部活】・野球で球速135キロを出す ・ポジション獲得 ・全国大会出場  など
【青春】・仲間とどこかに出かける ・一日中遊ぶ ・ジャニーズJr.のライブに行く ・黒板アート ・USJに行きたい  など
【その他】・身長を伸ばす ・礼儀正しい行動 ・小説を書く ・痩せる ・家事を1人でできるようになる ・中学生割引をたくさん使う  など


Q, 将来の夢はなんですか?また、そのために努力していることはありますか?
A, 大きなものから現実的なものまで、様々な夢があがりました!「まだ決まっていない」という回答も目立ちましたが、普段の生活の中で今できることを積み重ねている真面目な姿が目に浮かぶアンケートでしたよ♪
【スポーツ選手】
・プロ野球選手、サッカー選手、バスケットボールプレイヤー、競輪選手…スタミナ作り、練習をさぼらずに頑張る
・女子7人制ラグビーでオリンピック出場
【職人系】
・パティシエ、料理人…お菓子の本を見たり、たまに作ってみたり
・大工…体力をつける
・整備士…数学と英語
・ゲームのプログラマー、映像編集系
・声優…発音やセリフの間を意識しながらアニメやラジオを見たり聞いたりしている、声マネ、ボイトレ
・スタイリスト、美容師、雑誌編集者…ファッション雑誌を読みあさる
・作家…人の体の描き方や文章の書き方を勉強している
【資格取得系】
・医者、フライトドクター、看護師、助産師…理数系強化、周りを見ての行動を心がける、自分から進んで周りに声をかける
・保育士…前向きに明るく過ごす
・社会福祉士…ボランティア活動に積極的に参加
・公務員…宿題を手を抜かずにやる
・学校の先生
【その他】
・地域貢献 ・安定した仕事 ・韓国に行く ・幸せな家庭を築く
・未定…人の役に立てる優しい人になりたい、家の手伝いを進んで行う、夢が決まったら諦めずに進みたい、たくさんの人を笑顔にしたい
etc…



写真は、インタビューでも話のあった「卒業生に向けた中央階段のアート」です。
とても礼儀正しく、しっかり目を見て挨拶をしてくれる生徒さんばかりで、勉強も部活も将来のビジョンを見据えて、総合してものごとを考えられる姿に感心しました。
インタビューに参加してくれた生徒4人にとっては、中学校生活もあと1年。それぞれに目標を聞くと、森谷君と大江君は「受験の時にケアレスミスで自分の力を発揮できないと、悔しいというより納得できない気持ちの方が強くなってしまうと思う。応用問題ばかりに目を向けず、まずは基本を大事にしたい。」と、すでに受験に照準を定めている模様。
「今の私があるのはみんなのおかげ。挨拶や友達を大切にするなど、小さなことを大切にしたい。」というのは奥山さん。また菅原さんは「夢や目標に一歩近づく1年になるよう、何事も途中で諦めたり中途半端にしないで取り組む。」と、力強く答えてくれました。
長谷部先生にも夢を聞いてみました。「子供たちが夢や目標を叶えられるように、学校生活の中でお手伝いをしていきたいです。」
生徒と先生の間で、家族のような、温かい関係を築けていることで、生徒たちが安心して、のびのびと、夢に向かって打ち込めるんだなーと感じました。来年度は創立55周年の節目の年。生徒たちの輝かしい未来に向かって、ゴーゴー!!


東根市立第三中学校のみなさん、ありがとうございました!


 

MESSAGE&REQUEST

メッセージ&リクエスト受付中

シェア

このエントリーをはてなブックマークに追加