FRI(第1週)
21:00-21:30

主催:山形大学、エフエム山形
後援:山形県教育委員会

栗山 恭直
(山形大学理学部教授)
大屋 香里
(エフエム山形アナウンサー)
県内の中学生を対象に、最新の科学をわかりやすい実験を通じて紹介! サイエンスマジックを体感することで、科学への関心を高めるきっかけを作っていきます!
  • 山大サイエンスラボ

    実験の模様や生徒達の感想をお届けします。
  • エンジョイ!スクールライフ

    中学校の「今」を紹介!学校の特徴、生徒達の間で流行していること、人気の生徒・先生、話題の部活動や取り組みを生徒達にインタビュー!学校の知られざる一面がわかるかも?
2016.09.13.Tue

山大サイエンス★らぼ 米沢一中

2016年7月13日訪問

今回の出演校は、米沢市立第一中学校。実験に参加してくれたのは2年3組のみなさんです。実験のテーマは「雲のできる仕組み」。私たちの身近にある雲がどのようにできているのかを学んでいきます。それではLet’s Challenge(^^♪

imgp0995
まず、カップ容器にお湯を張り、洗剤をいれてシャボン玉作りです。ストローで呼気を吹き込み、半球状にシャボン玉が膨らんだら、その中を懐中電灯で照らしながら観察していきます。よく見ると、虹色のシャボン玉の中には小さいホコリ?水蒸気のような粒が無数に舞っており、だんだん大きくなっていったかと思ったら、最後には消えてしまいました!!また呼気を吹き込むと雲ができるという現象に、「不思議!」との声があがっています★

imgp1004
私たちが吐く息には「小さなホコリ」のようなモノが含まれており、この「ホコリ」が雲を作るためには必要不可欠!!白く小さなホコリ、粒々が核となり、これに水滴がついて雲になっていきます。これを「凝結核」といい、南極ではもともと空気がきれいなため、呼吸をしても小さなホコリは肺に入ってこないんですって!「私たちが吐く息にはホコリが入っていたんだ!意外と汚い!」とみんな驚いている様子でした!!

imgp1008
いつも私たちの身近にはあるけれど、手の届かない「雲」を今日は実際に作ってみましたよ!ポンプにエタノールを入れて加圧し蓋をあけると、プシュという炭酸のような音がして、ポンプの中が白く濁ります!「うわあ!これ雲じゃない?すごい!!」とみんな大興奮!これには、気圧の変化が大きく関係しており、気圧と温度が低くて、小さなほこりがあるからこそ、上空には「雲」ができる、という先生の話にみんな、聞き入っていましたよ!実験は大成功◎!これからもサイエンスマジックを体感してみてくださいね。

 

MESSAGE&REQUEST

メッセージ&リクエスト受付中

シェア

このエントリーをはてなブックマークに追加

2016.09.13.Tue

エンジョイ!スクール・ライフ 米沢一中編

2016年7月13日訪問

ここでは、米沢市立第一中学校のみなさんのスクールライフ、学校の「今」を、皆さんからご記入いただいたアンケートを基に、いくつかご紹介していきます。

imgp0992
米沢市の中心部を学区とする米沢第一中学校は、生徒一人一人が一中生としてのプライドを持ち、部活動・勉強・学校行事まで何事にも全力で取り組み、東北一の学校を目指しています。学校の敷地内には銀杏の木があり、みんなで銀杏を拾い集め、それを売って生徒会活動の資金にしているんだそうです。くさ~い銀杏の木も米沢一中生にとっては大切な宝の木ですね。

 

<中学校生活について>

Q、学校で楽しいと思っていることは?

A, 部活動、休み時間、友達とはしゃぐこと、読書など。先輩達の思いを胸に部活動を楽しく頑張っています!なんて頼もしい声もありました。

 

Q、楽しい先生・生徒といえば?

A, 米沢一中の楽しい先生は、すべるギャグでみんなを笑わせてくれる社会の長岡先生、理科の香曽我部先生、そして数学の石黒先生の授業がおもしろいので楽しみにしていますー!なんていう勤勉家の声もありましたよ!すばらしい!( ^)o(^ )ちなみに香曽我部先生は栗山先生の教え子なんだそうです。これからも栗山先生から受け継いだサイエンス魂を生徒達に伝えてほしいですね。 楽しい生徒には、木村小次朗くん、安部美月さんの名前があがっています。

 

Q, 米沢一中で足りないと思うものは?

A,  給食の時間、昼休み、おもしろさ、睡眠時間、勉強、休日など…。色々な意見が出た中でも、みんなから「疲れた」「遊びの時間が足りない」っていう声が多いけど、学校の授業と遊びを両立できるような計画性をもっと持つべきだ!いう生徒がいて、ワタクシ感動しました。まさに生徒の鏡ですね。その一方で、授業をもっと面白さがもっとほしい!じゃないと眠くなっちゃう…なんての声も。う~ん、これは夏休みぼけってことにしておきましょうかね(笑)新学期、気合を入れてがんばって!

 

▼終始笑いがたえない、ツッコミどころも満載の楽しいインタビューでした。米沢一中2年3組でTM Revolutionが

大流行しているというのはビックリ!生徒の一人が「HOT LIMIT」をアカペラで歌って場を盛り上げてくれました!笑

写真撮影の時、頭の上で手をクロスしていたのもTM Revolutionのモノマネなんだそうですよ(*^。^*)

imgp1015
▼実験に参加してくれた2年3組のみなさんとパシャリ! 何人かはTM Revolutionポーズです★笑

imgp1013

米沢第一中学校のみなさん、ありがとうございました!

MESSAGE&REQUEST

メッセージ&リクエスト受付中

シェア

このエントリーをはてなブックマークに追加

2016.08.19.Fri

「山大サイエンス★らぼ」陵東中編

2016年7月12日訪問

今回の出演校は、寒河江市立陵東中学校。実験に参加してくれたのは3年2組のみなさんです。実験のテーマは「吸水性ポリマーで芳香剤作り」。高分子「ポリマー」を使って、芳香剤を作る実験を行っていきますよ。それではLet’s Challenge(^^♪

IMGP0975
まず、「ポリマー」という言葉をみんな初めて聞いたと思うので、まずはその説明から。ポリマーは、モノマーといわれる分子がくり返しつながってできた化合物で、「たくさん」を意味する高分子です。何百何千もの分子が鎖のようにつながってできており、仮に陵東中学校の生徒全員が手を繋いだとしてもそれはポリマーの1本の鎖にしかならないという、とっても小さな単位の分子なんです。

IMGP0981
ポリエチレンやポリエステル・ポリエチレンテレフタレート(PET)等、私たちの身近にあるプラスチック・ペットボトルなどはこのポリマーからできているんですよ!ほんの一匙のポリマーに、水を2滴ほど加えると、何十倍にも膨らんでいくではありませんか!その様子を虫眼鏡で観察していきます。吸水性ポリマーの身の回りの用途としては、私たちの身近にある蓄冷剤、ドリップ吸収剤、食品添加物、そして誰もが子供の頃お世話になった「おむつ」もそうなんです!これにはみんなビックリ★

IMGP0983
この水をぐんぐん吸い込む力は「浸透圧」によるもの。この力を使って芳香剤も簡単に作ることができちゃうんですよ!ラベンダー・せっけん・ローズの3種類の中から、好きな香りを選んで水とポリマーを入れて混ぜるだけ!手順は簡単ですが、理論は高校生レベルの難しい実験でした。にもかかわらず、みんなからはたくさん質問も飛び出して先生も大満足です◎自分でまた挑戦したいとの声もあったので、ぜひ夏の自由研究などでチャレンジしてみてくださいね。

MESSAGE&REQUEST

メッセージ&リクエスト受付中

シェア

このエントリーをはてなブックマークに追加

2016.08.19.Fri

エンジョイ!スクール・ライフ 陵東中編

2016年7月12日訪問

ここでは、寒河江市立陵東中学校のみなさんのスクールライフ、学校の「今」を、皆さんからご記入いただいたアンケートを基に、いくつかご紹介していきます。

IMGP0971
寒河江市の北東部を学区としている陵東中学校では、夏休みも熱心に部活動に励む活発な生徒達が多くいました。あいさつ・合唱・ボランティアに力を入れており、特に合唱・歌声が自慢です。修学旅行では毎年東京で合唱公演を行っているそうです。取材に伺った際も秋の合唱コンクールに向けて生徒たちは合唱練習に励んでおり、校舎にはみんなの元気な歌声が響きわたっていましたよ。

 

<中学校生活について>

Q,学校で楽しいと思っていること、楽しい先生・生徒といえば?

A, 学校で楽しいと思っていることは「友達と話すこと」という回答が大多数。楽しい先生には、山田先生と千雲先生、楽しい生徒には柔道部「あさぽん」の名前があがっています。

 

Q, 学校で話題の部活動は?

A, 県大会に向けてがんばっている野球部、14年ぶりの団体優勝を果たした柔道部、水泳部、男子テニス部など。この夏は部活動にかける!という生徒も多く、みんなのがんばりは学校内でも注目されているようでした。

 

Q, 陵東中で足りないと思うものは?

A, メリハリ、けじめ、時間、勉強、エアコン、昼寝、給食…といった色々な回答がありましたが、一番多かったのが「お金」。意外と世知辛い…が、夏休み、色々なところに遊びに行くには確かにお金が必要だよね…。遊びも勉強も100%全力で励む夏休みにして下さい!

 

▼今回のエンジョイスクールライフは、体育会系の男子4人と先生、全員男子の男くささ全開、元気いっぱいのインタビューとなりましたよ★

IMGP0990
▼実験に参加してくれた3年2組のみなさんとパシャリ!

IMGP0985

陵東中学校のみなさん、ありがとうございました!

MESSAGE&REQUEST

メッセージ&リクエスト受付中

シェア

このエントリーをはてなブックマークに追加

2016.07.21.Thu

山大サイエンス★らぼ 戸沢中編

  2016年6月14日訪問

今回の出演校は、戸沢村立戸沢中学校。実験に参加してくれたのは2年生のみなさんです。テーマは、「水の電気分解と燃料電池」です!水素を酸素が酸化して水への化学変化から電気をとりだすことで、燃料電池ができるんですが、このエネルギーについて、今日は実験を通して学んでいきますよ。それではLet’s Challenge(^^♪

CIMG4228
まず、栗山先生から燃料電池の歴史と仕組みを学んでいきます。1802年イギリスの科学者によって発見された燃料電池ですが、人類最初の月面着陸に成功した宇宙船アポロ11号にも燃料電池が搭載されていたんですよ。この燃料電池を作るために欠かせない実験が水の電気分解なんです。プラスチックの容器に電解質を入れ、電極をさして手回し発電機で水の電気分解を行っていきます。CIMG4229
たまった水素と酸素のシャボン泡に火をつけると、「パン!」と音をたてて爆発するですが、これにはみんなもうドキドキの様子★中には耳をふさぎ、おっかなびっくりで腰がひけている生徒も…笑 大きな爆発音が鳴るたびに、「わぁ!」(;O;)「きゃぁ!」(+o+)という驚きの声が教室内に響き渡っていましたよ♪手回し発電で生まれたエネルギーを水素と酸素として保存し、蓄えたエネルギーを使用して、プロペラをまわす実験も大成功です!

CIMG4231
今、地球環境にやさしい水素エネルギーの活用が世界各地ではじまっています。水素エネルギーを使った燃料電池車は3年前までは「未来の車」とされていましたが、今では700万ほどで購入できるようになりました。「金額が高いー!」という声が多かったですが、みんなが大人になる頃にはこの燃料電池車が当たり前のように普及しているかもしれませんよ。実験後、水素エネルギーを活用して戸沢村を発展させたい!なんていう生徒の声もありましたから、みなさんぜひこれからも水素の研究をしてみてくださいね^^♪

MESSAGE&REQUEST

メッセージ&リクエスト受付中

シェア

このエントリーをはてなブックマークに追加

2016.07.21.Thu

エンジョイ!スクール・ライフ 戸沢中編

2016年6月14日訪問

ここでは、戸沢村立戸沢中学校のみなさんのスクールライフ、学校の「今」を、皆さんからご記入いただいたアンケートを基に、いくつかご紹介していきます。

CIMG4224
戸沢中学校は3年前、角川中学校と戸沢中学校を統合して、新しい戸沢中学校として校舎を新築、開校しました。自然環境豊かなところにあり、校舎もキレイで快適、広い多目的ホールでは全校生徒が一緒になって昼食をとっていましたよ。学年の垣根をこえて、生徒達の仲も良いようです♪

CIMG4238
戸沢中学校では地球にやさしい太陽光発電システムを取り入れているんです。校内色々なところに節電を呼びかけるポスターも掲示されていて、生徒&先生達、みんなの意識の高さを感じます♪この夏もクールビズ戸沢中★

<中学校生活について>

Q, 戸沢中の楽しい先生といえば?

A, 社会科の庄司先生、数学の佐藤先生、理科の正野先生、数学・技術の加藤先生、英語の大山先生などたくさん名前があがっています!この中から、戸沢中一のおもしろ先生に輝いたのは、庄司先生!動作が大きく、歴史の人物になりきって楽しく授業をしてくれる!面白いし、わかりやすい!との声が生徒達から寄せられていますよ。先生のおかげで戸沢中生には歴史好きの子も多いかもしれませんね!

Q,  学校で楽しいと思っていることは?

A,  休み時間、みんなと一緒に遊ぶこと、部活、体育、給食などがあがっています。全校生徒で、みんなで一緒に給食を食べているからよりおいしく感じるかもしれませんよ。

Q, 学校で足りないと思うものは?

A, 休み、時間、あいさつ、給食、勉強、楽しさ etc…色々な回答があがっていますが、「時間」と「勉強に関すること」が特に多かったです。「勉強したくない!遊びたい!」というみんなの心の声も聞こえてきそうですが、夏休みでこの足りないものをしっかりと補って、おもいっきり夏を楽しんでね!

▼今回のインタビューは全員女子!戸沢中ガールズトークで盛り上げていただきました!戸沢中のOGという門脇先生が、戸沢中は生徒達の笑顔が何よりの自慢です!と語ってくれましたが、本当にそのとおり、笑顔と笑い声がたえないインタビューとなりましたよ。

CIMG4236
▼実験に参加してくれた2年生のみなさんとパシャリ!

CIMG4246

戸沢中学校のみなさん、ありがとうございました!

MESSAGE&REQUEST

メッセージ&リクエスト受付中

シェア

このエントリーをはてなブックマークに追加

2016.06.07.Tue

山大サイエンス★らぼ 大石田中編

2016年5月19日訪問

今回の出演校は大石田町立大石田中学校。実験に参加してくれたのは3年生のみなさんです。テーマは、「色素増感太陽電池の実験」!学校の体育館南側面に太陽光パネルが設置されているということで、身近なソーラーパワーについて今日は理解を深めていきましょう!それではLet’s Challenge(^^♪

IMGP0423  色素増感太陽電池とは、1976年に日本人の学者が開発した太陽電池のことで、とっても簡単に作成することができるんです。酸化チタンを焼き付けたガラス板をハイビスカスの色水につけていきます。するとガラス板の表面に花の色素が付着し紫色に!びっくりするくらいきれいな紫色に染まるんですよ!

IMGP0424
反対側には、導電性のポリマーにえんぴつの炭素がついたガラス板をおき、その間にヨウ素液をたらしてサンドイッチ状に挟んでいきます。隙間ができないように2人で協力しながら作業を行っていきますよ。すると、蛍光灯下で約200ミリボルト程の太陽電池が完成しました!手で光を遮ると数値もどんどん小さくなっていきます。IMGP0432
この太陽電池を3つ直列につなげると、オルゴールの音がきこえてくるはず!窓際で太陽光を電池にあてて、いざチャレンジ!この日は色素増感太陽電池の実験をするにはもってこいの快晴で、各班からは「エリーゼのために」や「ハッピーバースデー」などのオルゴールのメロディなどが聞こえてきていました! 電池作りは大成功◎手作りの色素増感太陽電池によってオルゴールも大きく鳴り響いていましたよ!みんな太陽光発電に関する理解・興味も高まったんじゃないかな?

MESSAGE&REQUEST

メッセージ&リクエスト受付中

シェア

このエントリーをはてなブックマークに追加

2016.06.07.Tue

エンジョイ!スクール・ライフ 大石田中編

2016年5月19日訪問

ここでは、大石田町立大石田中学校のみなさんのスクールライフ、中学校の「今」を、皆さんからご記入いただいたアンケートを基に、いくつかご紹介していきます。

★IMGP0420
大石田中学校は、2010年4月に大石田第一中学校と亀井田中学校が統合し、大石田町唯一の中学校である大石田中学校が開校しました。生徒たちはとっても元気!男子が特にパワフルで、インタビューでは大石田中学校の魅力もたっぷりと語ってくれました!大石田中は歌声が自慢ということでその歌声も披露してくれましたよ!

<中学校生活について>

Q, 話題になっている部活動は?

A,  ソフトボール部、野球部、昨年東北大会に出場した吹奏楽部、そして陸上部!特に加藤歩夢くんががんばっていますーという声があがっていましたよ。歩夢くんの熱い走りはみんなのハートにも響いているみたい!

Q, 中学校で今一番楽しいと思っていること、楽しい先生・生徒は?

A, 友達と笑いあっておしゃべりすること、部活動、授業をうけること、音楽の授業でみんなと合唱することが楽しいです。との回答。合唱好きなのは、さすが歌声が自慢な大石田中生ですね。楽しい先生には黒沼先生、永沢先生、安達先生、菅藤先生、石川先生、青木先生など。大石田中には、ユニークな先生が多いようです。 楽しい生徒には、隆人くん、海斗くん、駿くん&来くんの大場コンビの名前があがっていましたよ。

Q, 中学校生活で足りないと思うものは?

A, あいさつ、積極性、合唱の歌声が足りない、などの意見があり、中でも「自分の時間が足りない!」という声が多数!テスト勉強や部活など色々やることがたくさんあって、休み時間ももっと欲しい!との声も届いています。忙しいということは、その分充実した生活を送れているという証だと思いますよ!忙しさを楽しさに変えて、がんばって!

 

▼今回のエンジョイスクールライフには、体育会系の男子4人が登場してくれました!男くささ全開、元気いっぱいの校歌も披露してくれましたよ!あり余るパワーと笑いをどうもありがとうございました♪

IMGP0439 IMGP0441
▼実験に参加してくれた3年生のみなさんとパシャリ!

IMGP0435
大石田中学校のみなさん、ありがとうございました!

MESSAGE&REQUEST

メッセージ&リクエスト受付中

シェア

このエントリーをはてなブックマークに追加

2016.05.20.Fri

「山大サイエンス★らぼ」中山中学校

2016年4月20日訪問

今回の出演校は中山町立中山中学校。実験に参加してくれたのは3年4組のみなさんです。テーマは、「放射線を測ろう」です!放射線の種類やその性質、正しい測り方・単位なども学んでいきます。それではLet’s Challenge(^^♪

IMGP0393
今回、3年生は収録の5日後、4月25日に広島に修学旅行に行くということで、「放射線」の実験を行ったんですが、みんな2年生の時に原爆の事前学習を行っていただけあって、とっても優秀でしたよ!先生の話も真剣なまなざしで聞いていました!

IMGP0392
放射線には、アルファ線、ベータ線、ガンマ線の3種類あり、その数値はガイガーカウンターで測定できるのですが、大切なのは一度測っただけで選定せず、平均を記録すること!また、「ベクレル」や「シーベルト」などの単位や専門用語など、難しい話も多かったんですが、みんなしっかりと理解していましたよ!すばらしい!

IMGP0394
各班でそれぞれ天然の放射線鉱物も測定しました。一番数値が大きかったのは、砂利のような鉱物「トリウム」!大きい石だからといって数値が大きいとは限らないんですね!砂利が一カ所に集まっているとさらに数値も大きくなります。ガイガーカウンターで距離を測りながら測定すると、距離の二乗で数値は小さくなりましたよ!

IMGP0398
修学旅行で広島の平和記念館を訪れた際、栗山先生が授業で行ったガイガーカウンターを使って距離と放射線の関係が測定できる展示物もあったそうです。担任の鈴井先生から「授業のおかげで,充実した旅行になったと思います。」という声もいただきました!授業後、生徒たちからは「放射線は怖い悪いイメージだったけど、病気の診断や治療、食品などにも使われているなどの良い部分も知ることができてよかった!」などの感想が多く寄せられています。今回の実験・広島での経験をぜひ平和な未来へつなげていってもらいたいと思います。

MESSAGE&REQUEST

メッセージ&リクエスト受付中

シェア

このエントリーをはてなブックマークに追加

2016.05.20.Fri

エンジョイ!スクール・ライフ 中山中学校

2016年4月20日訪問

ここでは、中山町立中山中学校のみなさんのスクールライフ、中学校の「今」を、皆さんからご記入いただいたアンケートを基に、いくつかご紹介していきます。

IMGP0386IMGP0390 中山中はとにかく校舎がとってもキレイなんです!昨年末に完成したばかりなんだそうで、生徒達が学習に集中できるようにと全室冷暖房完備!各教室にはロッカールームが併設されていたり、広い廊下にはオープンスペースがあって、椅子と机が設置されていたりと、もう快適すぎて中学校とは思えないくらいでした!写真に納まりきれないほどの大きさです…。中山中生が羨ましい…!(..)生徒達もそんなピカピカの校舎に負けないくらい、清い心で明るく元気に!学校生活に臨んでいましたよ♪

<中学校生活について>

Q, 話題になっている部活動は?

A,  剣道部が大多数。この他木管三重奏で東北大会に出場した吹奏楽部の名前があがっていましたよ。

Q,  今一番楽しいと思っていること、中山中の楽しい先生といえば?

A,  修学旅行がとにかく楽しみです!という声が多かったです。収録の5日後の4月25日に広島に旅行に行った生徒達。現地で感じた思いを決して忘れないで下さいね。

また、中山中の楽しい先生には三浦先生、校長先生、川崎先生、鈴井先生の名前があがっており、中には先生と過ごす時間が今一番楽しいです!という先生ラブ❤の回答もありましたよ!先生の生徒達への愛❤しっかりと伝わっているんじゃないでしょうか?

Q, 中学校生活で足りないと思うものは?

A, 「時間」「身長」「睡眠」「学力」といった、切実な思いがひしひしとつたわってくる回答が多かったです。全てにおいて成長期の中学生!まだまだこれからだ!

▼今回のエンジョイスクールライフでは、四部合唱である中山中の校歌を美しいハーモニーで聞かせてくれました!最後に中山中の合言葉「さわやかよし!!」のポーズでパチリ☆みんな、とってもさわやかだよー!!

IMGP0413
▼実験に参加してくれた3年4組のみなさんとパシャリ!

IMGP0405

中山中学校のみなさん、ありがとうございました!

MESSAGE&REQUEST

メッセージ&リクエスト受付中

シェア

このエントリーをはてなブックマークに追加