FRI(第1週)
21:00-21:30

主催:山形大学、エフエム山形
後援:山形県教育委員会

栗山 恭直
(山形大学理学部教授)
大屋 香里
(エフエム山形アナウンサー)
県内の中学生を対象に、最新の科学をわかりやすい実験を通じて紹介! サイエンスマジックを体感することで、科学への関心を高めるきっかけを作っていきます!
  • 山大サイエンスラボ

    実験の模様や生徒達の感想をお届けします。
  • エンジョイ!スクールライフ

    中学校の「今」を紹介!学校の特徴、生徒達の間で流行していること、人気の生徒・先生、話題の部活動や取り組みを生徒達にインタビュー!学校の知られざる一面がわかるかも?
2016.04.25.Mon

「山大サイエンス★らぼ」 上山北中編

  2016年3月3日訪問

新年度最初の出演校は上山市立北中学校。実験に参加してくれたのは1年B組のみなさんです。テーマは、「CD分光器を作成しよう」!CD分光器で、光にはどんな色が含まれているのか分析していきます★それではLet’s Challenge(^^♪

IMGP9895まずは、ハサミを使い、型紙にそってケント紙を切っていきます。型紙を山折り・谷折りしながら、中にCDを入れて、のりとテープで留めると、立体的な三角形の上に平らな皿をのせたような形をした箱型のCD分光器の完成です!これで、光の色を分けて分析することができますよ!みんな黙々と作業を行っていましたが、うまくできたかな?

IMGP9896
CD分光器のスリットから覗くと、CDの記録面が虹色に見えました!「オーロラみたいでキレイ!」との感動の声と共に、「七色?十色?住職にみえる!」とシャレの聞いた意見も(笑)分光器で蛍光灯や白熱灯、LEDペンライトなどの光源を調べていきます。

すると!自分の目で見える色と、分光器から見える色が異なっている!「LEDは色が3種類しかない!」と驚きの声があがっていました! IMGP9898
LEDライトでは白く光っているように見えても、実際は光の三原色(R、G、B)で構成されているんです。実際にはその色がきているわけではなく、人間の目には騙されて映っている!との栗山先生の発言にみんな、ビックリした様子でしたよ!

実験後、生徒達から「楽しかった!」「もっとCD分光器で色々な光を見てみたい!」との声がありました。今日の手順を覚えていれば、自宅でも簡単に作ることができますから、ぜひ再チャレンジしてみてくださいね!

 

 

MESSAGE&REQUEST

メッセージ&リクエスト受付中

シェア

このエントリーをはてなブックマークに追加

2016.04.25.Mon

エンジョイ!スクール・ライフ 上山北中編 

2016年3月3日訪問 

ここでは、上山市立北中学校のみなさんのスクールライフ、学校の「今」を、皆さんからご記入いただいたアンケートを基に、いくつかご紹介していきます。

IMGP9913
上北中に取材に伺った際、ちょうど耐震工事中だったんですが、昇降口は3月16日に完成します、とのことだったので、新年度からは校舎もちょっぴりリニューアルしているんでしょうね。学校の図書館も非常に充実していて、上山市内の中学校で本の貸し出し数はトップ!なんだそうです。本好きの生徒もとっても多くって、図書館が生徒たちの憩いの場となっていましたよ!

<中学校生活について>

Q,上北中の楽しい生徒・先生といえば?

楽しい生徒にはクライスのムードメーカー的存在で「めっちゃおもしろい!」と噂の山川敬大くん、楽しい先生には明るくて熱血漢、親しみやすいという数学の樋口先生の名前があがっていましたよ!実験の時も、ユニークな発言をする男子が多かったです。授業も楽しそうですね。

Q,学校で話題になっている部活動は?

A, 男女ともにバレー部、ケンカしないという目標をかかげている卓球部という意見が多かったです。色々な学校をまわりましたが、ケンカしないという目標を掲げている部を初めてみました・・・。部活動はチームワークが命だもんね!がんばっている部員には大澤尚人君、星川陽太君の名前があがっていました。

Q,中学校生活で足りないと思うものは?

A,「自分の意見の主張」「学力」「反応する力」などとっても真面目な意見が多数!足りないと思った部分を自分たちの新年度の目標にしていくのもいいかもしれませんね。その他、「リア充」「青春」「イケメン」「ロマン」といった弾けた回答もありました(笑)

▼今回のエンジョイスクールライフでは、初めて「委員会」をピックアップ!上北中図書委員会のメンバーは、ちょっと照れながらも、いかに自分たちが本が好きなのかを照れながらも語ってくれました☆

IMGP9905 ▼実験に参加してくれた1年B組のみなさんとパシャリ!

IMGP9902

上山北中学校のみなさん、ありがとうございました!

MESSAGE&REQUEST

メッセージ&リクエスト受付中

シェア

このエントリーをはてなブックマークに追加

2016.04.11.Mon

「山大サイエンス★らぼ」南陽宮内中 編

2016年2月19日訪問

今回は、南陽市立宮内中学校にお邪魔しました。実験に参加してくれたのは1年1組・2組のみなさんです。テーマは、「牛乳パックとカメラを作ろう」!光の実験で、レンズと牛乳パックを使って簡易カメラを作り、感光紙で撮影していきます★それではLet’s Challenge(^^♪

IMGP9888

まずは、牛乳パックを展開していきます。今回ははさみとカッターを駆使して、工作と化学が合わさったような実験なんですが、これがなかなか難しい!「どこを切るの?」「これでいいの?」とみんなまわりの様子を伺いながら慎重に作業を進めていきます。牛乳パックを加工したら、底の部分にレンズを取り付け、スクリーンを貼り付ければ牛乳パックカメラの完成です!

IMGP9883 レンズを通してスクリーンにうつる外の景色はどんな風に見えるんでしょうか?「反対になってみえる!」「○○がイケメンにみえる!笑」などのリアクションに、思わず笑い声もこぼれます(( ^)o(^ )ここで、時間のため、栗山先生の授業は終了となりますが、このあと理科担当の阿部先生から、感光紙を使っての写真撮影を行ってもらいました!生徒たちの感想もいただきましたよ!IMGP9893
この牛乳パックカメラはその日の天気・明るさに左右されるため、曇りの天気だと少し撮影時間がかかるのですが、しっかりと風景をうつせた子もいたようです。のぞき穴をのぞくと景色が逆に見え、距離を近づけると小さく、遠ざけると大きく見えることにも気が付いた…など、カメラの凸レンズの仕組みがちゃんと理解できたみたい!何より友達と協力しながら楽しく作ることができてよかった!という意見が多く嬉しいですね!

 

みんな、これからもぜひサイエンスマジックにチャレンジしてみてくださいね!

 

 

 

MESSAGE&REQUEST

メッセージ&リクエスト受付中

シェア

このエントリーをはてなブックマークに追加

2016.04.11.Mon

エンジョイ!スクール・ライフ 南陽宮内中編

2016年2月19日訪問

ここでは、南陽市立宮内中学校のみなさんのスクールライフ、学校の「今」を、皆さんからご記入いただいたアンケートを基に、いくつかご紹介していきます。

IMGP9879
南陽市立宮内中学校は、今から約6年前、平成22年に宮内中と吉野中・漆山中の3校が統合し、新・宮内中学校として生まれ変わりました。新しい校舎はとってもキレイ!漆山地区はソフトテニスが盛んということもあって、学校のグラウンドには大きなテニスコートがありました。雰囲気も明るく、校舎には子供たちの楽しそうな笑い声が終始響いていましたよ。教頭先生曰く、学校から見える夕焼けもとってもきれいなんだとか!

<中学校生活について>

Q,中学校で今一番楽しいと思っていることは?

A, 休み時間、部活、給食、昼の放送で音楽が流れること、体育!といった回答が多数!

Q,学校で話題になっている部活動は?

A,バレー部、バスケ部、柔道部、吹奏楽部の名前があがっています。この他、ソフト部の先輩方が超おもしろい、とにかくノリが良いし、おもしろい、みんな仲良すぎ!という声もありました。部活動であまり上下関係を気にせずに接することができる、っていうのは魅力的ですね。

Q,中学校生活で足りないと思うものは?

A,「休み時間」「睡眠時間」「けじめ」「部活動の時間」という答えが多かったんですが、その中で扇風機・クーラー・水飲み場の数が足りません!という意見がちょっと気になりました。3年生だけ教室にクーラーがついているのが羨ましいです、との声もありましたが、中学時代ずっと年季の入った校舎に通っていた私としたら、できてまもない新校舎で学校生活を送れているみんなが羨ましいけどな!隣の芝生は青く見える物なのですよ・・・・。

▼ インタビューに参加してくれた1年1組の仲間たち!担任の先生と生徒の距離も近くとっても楽しい収録でした❤

IMGP9897 ▼実験に参加してくれた1年1組・2組のみなさんとパシャリ!

IMGP9895a

宮内中学校のみなさん、ありがとうございました!

MESSAGE&REQUEST

メッセージ&リクエスト受付中

シェア

このエントリーをはてなブックマークに追加

2016.03.17.Thu

「山大サイエンス★らぼ」酒田一中編

2016年1月14日訪問

今回は、酒田市立第一中学校にお邪魔しました。実験に参加してくれたのは3年5組のみなさんです。テーマは「ビタミンとヨウ素で電池を作ろう」!それではLet’s Challenge(^^♪IMGP9810今日は身近にあるビタミンCとヨウ素の化学変化を利用して電池を作っていきます。電極としては炭素棒、スポンジ、食塩水を使うだけの簡単な構造で、電池ができたかどうかはテスターで電圧を測るだけ。今回は、受験勉強に励んでいる3年生のために、難易度を高めに設定しました!みんな、がんばって!IMGP9811
まず、スポンジに穴をあけ、その穴にビタミンCとヨウ素をそれぞれ入れて、炭素棒を差し込み、炭素棒がそれぞれ接触するように食塩水をたらしていきます。仕組みはとっても簡単なんですが、実は中学生で習う範疇を超えた実験なのです。電子のやりとりによって電池ができるという難しい説明も、みんな首をかしげながらも、しっかりと耳を傾け、楽しみながら実験に参加してくれていましたよ。

IMGP9814
各班、0.4ボルト程の電池が完成!電子はマイナスからプラスに流れる、ビタミンCから電子が出ていることがしっかりと理解できました◎すばらしい!ビタミンCとヨウ素の比率で色が変わる実験も大盛り上がりでしたね!高校生になったら、この実験への再挑戦はもちろん、さらにハイレベルなサイエンスマジックを体感してみてね!

MESSAGE&REQUEST

メッセージ&リクエスト受付中

シェア

このエントリーをはてなブックマークに追加

2016.03.17.Thu

エンジョイ!スクール・ライフ 酒田一中編

2016年1月14日訪問

ここでは、酒田第一中学校のみなさんのスクールライフ、学校の「今」を、皆さんからご記入いただいたアンケートを基に、いくつかご紹介していきます。酒田市立第一中学校は、今から約5年前、平成23年4月に旧・第一中学校と旧・第五中学校が合併して、新しい学校として生まれ変わりました。校歌は、山形が舞台となった映画「おくりびと」のテーマ曲等を手がけた音楽家 久石譲(じょう)さんが作曲、長女で歌手の麻衣さんが作詞しているんですって。スポーツにも力を入れていて、全国レベルの優秀な子供たちも多いようですよ。

DSC_8475
<中学校生活について>

Q,楽しい先生・生徒といえば?

A,「熱くて超いい先生です!」との声が多くあった校長先生、そしてインタビューにも登場してくれた佐々木先生の名前があがっています。第二理科室の水槽には先生の飼っているカメも元気に泳いでいましたね。酒田一中には熱くユニークな先生が多いようです。

楽しい生徒には、全国都道府県相撲選手権無差別級優勝の齋藤大輔さん、相撲部のホープとして全国でも活躍しているのに、いつも明るく面白いジョークをとばすムードメーカー!とのこと。酒田一中で活躍している生徒は?の質問でも齋藤大輔くんの名前があがっていましたよ!すごいですね!

Q,中学校で今一番楽しいと思っていることは?

A,友達と話すこと!休み時間という回答が大多数でした!また、3-3組のメンバーからは「アフリカン」という回答が多くあったんですか、アフリカンってなんですか?3組の生徒に聞いたんだけど、真相はわからず!知ってる方、ぜひ教えて下さい!

Q,中学校生活で足りないと思うものは?

A,「時間」「勉強量」「自由」という答えが特に多かったです。3年生はもう卒業だし、受験も控えているからよりそう思うのかもしれませんね。A.Iさんからは3月に高校の受験があります!なので、復習がしたいのに時間が足りないー!洋楽をたくさん聞いて英語の勉強をがんばっています!とのメッセージも届いていますよ!みんな、希望の春に向かって突き進めー!

▼校長室でのインタビューは大盛り上がりです!陸上の荒尾まさとくん、駅伝部の佐藤みうさん、よしのさんコンビなど、酒田一中は優秀な生徒が多く、将来はオリンピック出場もあるかも!?私たちも夢が膨らみました★

IMGP9828
▼実験に参加してくれた3年5組のみなさんとパシャリ!みんないい笑顔~★卒業おめでとうございます!

IMGP9824

酒田第一中学校のみなさん、ありがとうございました!

MESSAGE&REQUEST

メッセージ&リクエスト受付中

シェア

このエントリーをはてなブックマークに追加

2016.01.21.Thu

山大サイエンス★らぼ 真室川中編

20151217日訪問

今回は、真室川町立真室川中学校にお邪魔しました。実験に参加してくれたのは1A組のみなさんです。実験のテーマは、「液体窒素とドライアイス―低温の世界―」です。液体窒素で身近にある色々な物を凍らせていきますよ!それではLets Challenge(^^♪ 

IMGP9741この実験では、分子が温度によって運動する様子が変化することと、物質が固体・液体・気体に変化するということを学んでいきます。まず、-196℃の液体窒素で身近にある輪ゴムや自分の呼気を入れた風船を凍らせていきます。すると…輪ゴムは固まり、風船は萎んでいくではありませんか! 

IMGP9735みんなも大好きマシュマロは?なんとカチコチに☆理科室は飲食禁止のため、先生が代表して試食!先生が口に入れた瞬間が白い煙が…はたしてそのお味は?「あんなにやわらかいマシュマロが凍って…とっても冷たくておいしいです~!」との感想!先生を羨ましそうに見つめる生徒達…先生、役得ですね♪

IMGP9747さらに!酸素を液体窒素で冷やすと、色は青くなって磁石にくっつく性質があることが判明。二酸化炭素は昇華され、マイナス79度のドライアイスになるということも自分の目で確認してもらいました。分子が温度によって運動する様子が変化することと、物質が固体・液体・気体に変化することを今回、実験を通じて学んでもらいましたよ。

今まで二酸化炭素とドライアイスが結びつかなかったという生徒達も、今回本格的な実験で低温の世界を体感し、サイエンスマジックに興味を持ってくれたみたいです。次の実験ではぜひもっと色々な物を凍らせてみてくださいね!

 

MESSAGE&REQUEST

メッセージ&リクエスト受付中

シェア

このエントリーをはてなブックマークに追加

2016.01.21.Thu

エンジョイ!スクール・ライフ 真室川中編

 20151217日訪問

ここでは、真室川町立真室川中学校のみなさんのスクールライフ、学校の「今」を、皆さんからご記入いただいたアンケートを基に、いくつかご紹介していきます。

IMGP9758 秋田県に隣接し、山形県の北の玄関口として知られる真室川町は、自然が豊かで降雪量も多く、真室川中学校のすぐ側にはスキー場もあるんですよ。がんばっている部活動では、スキー部の名前が挙がっていましたし、みんな雪遊びが大好き!と答えてくれましたから、年末年始はウィンタースポーツを満喫していたかもしれませんね。

  

<中学校生活について>

Q,真室川中の楽しい先生・生徒といえば?

A,矢口教頭先生、高橋賢一先生、溝越先生、ジャンケン王者決定戦の王者・丹ともき先生、庄司太一先生、柴田りゅうへい先生、高橋あきえ先生など…。多くの先生の名前が挙がっています。「真室川中学校の名物先生」で特集が組めそうですね。楽しい生徒には、小松凌雅さん、庄司大樹さん、ムードメーカーの荒木みずきさん、高橋りょうたさんの名前が挙がっていました。これだけ楽しい先生・生徒がいると学校も明るくなりそうですね。笑いの絶えない学校生活がおくれそうです。

 

,学校で話題になっている部活動・部員は?

最も話題になっていたのは、ソフトテニス部。東北大会で団体優勝していて、すごくがんばっています!との声が特に多かったです。また、挨拶と返事が特に良い吹奏楽部をはじめ、スキー部、野球部、サッカー部、バスケ部という回答もありました。各々目標に向かって日々努力している様子が伝わってきますね。

 

Q,中学校生活で足りないと思うものは?

A,最も多かった答えは「挨拶」。学校であいさつ運動をやっていて、特に力を入れているだけあって、挨拶への意識がみんなかなり高いんですね。この他、「休み時間」「給食」「集中力」「目上の人へのけじめ」と様々な回答がありました。2年生からは、「下級生にもっと敬語を使えるようになって欲しい!」なんて声もありましたが、それだけ2年生がフレンドリーで学年の垣根を越えてみんな仲がいいってことなんでしょうね。

IMGP9767 ▲収録後、モノマネ王で応援団長の五十嵐君が応援団の制服に着替えてくれて、みんなで記念写真!みんなとっても

ノリが良かったです。このほかインタビューでは、雪合戦や雪上野球をしてみんな冬でも元気に外で遊んでいますー!なんていう話も飛び出しました!雪にも!寒さにも負けず、2016年も元気に中学校生活楽しんでください。

 IMGP9752真室川中学校のみなさん、ありがとうございました!

MESSAGE&REQUEST

メッセージ&リクエスト受付中

シェア

このエントリーをはてなブックマークに追加

2015.12.18.Fri

「山大サイエンス★らぼ」高畠二中編

  20151119日訪問

今回は、高畠町立第二中学校にお邪魔しました。実験に参加してくれたのは3年のみなさんです。実験のテーマは、「mitaka 天体の運動について」です。国立天文台の“4次元デジタル宇宙プロジェクト”が開発した3D天体シミュレーターソフトを使って、宇宙の旅をしていきますよ!それではLets Challenge(^^♪ 

IMGP9446このmitakaは、最新の観測結果をもとにして、今晩の山形の北の空の観察や、星の変化予測、他の場所、季節ごとに見ることもできるんです!画面をみながら、「北極星を中心にどのように星が動くと思う?」という質問にも、「反時計回り!」と元気に答えてくれました!自分たちの知っている星座「カシオペア」や「かみの毛座」も発見★

IMGP9447さらに!このソフトでは過去・未来の天体ショーの再現・予測も可能!次回の皆既日食を宇宙から観察することもできるんです。20年後の2035年の92日の未来にタイムスリップした生徒達は「宇宙から月の影が移動しているのを確認できるなんてすごい!」「こんな風に見えるんだ!」と胸をときめかせていましたよ!

IMGP9450地球から離陸し、どんどん宇宙へと画面が切り替わっていきます。青い地球から太陽系へ、太陽系から天の川銀河へ…何億光年も先の宇宙の果てまで旅をしていきます!膨大な星が煌めく宇宙にみんな大興奮!点のようみえる無数の星もランダムではなく、全て研究者が計測して正しく座標を入力したものなんです。これだけたくさんの星があれば、地球人以外の生命体もきっといるはず!?

宇宙はまだまだ謎だらけ。宇宙に興味がある方はぜひ調べてみてくださいね

MESSAGE&REQUEST

メッセージ&リクエスト受付中

シェア

このエントリーをはてなブックマークに追加

2015.12.18.Fri

エンジョイ!スクール・ライフ 高畠二中編

  20151119日訪問

ここでは、高畠町立第二中学校のみなさんのスクールライフ、学校の「今」を、皆さんからご記入いただいたアンケートを基に、いくつかご紹介していきます。

IMGP9463高畠町内には4つの中学校であって、これまでBEらぼで3つの学校をまわってきたんですが、ついに最後の学校。来年度から、高畠町にあった4つの中学校は合併して一つの学校になります。先月、高畠二中では閉校式が行われました。今回の実験は、学校最後の卒業生になる3年生にとって思い出深い授業になったんじゃないでしょうか。

IMGP9445▲高畠町は「泣いた赤鬼」で有名な浜田広介先生ゆかりの地ということで、「色々な鬼」が学校内にいましたよ!▼

IMGP9455

<中学校生活について>

Q,高畠二中の楽しい先生・生徒といえば?

A,理科の佐原先生、英語の駒木根先生、数学のかずき先生、東先生。ノリが良くて楽しい、ユーモアあふれる先生が高畠二中には多いようですね。楽しい生徒には、理人くん、むげんくん、みくさんなどの名前が挙がっていますよ。

Q,中学校で今、一番楽しいと思っていることは?

A、友達と話すこと!昼休み!休み時間!という声が多かったです。「泣いた赤鬼」ゆかりの学校だけあって、休み時間に鬼ごっこをして遊ぶ生徒も多いんだそうですよ!

,学校で話題になっている部活動・部員は?

卓球部の鈴木こうせいくん、金子良太くん、2年生の井場くんが文化部ながら陸上をがんばっています!との回答が寄せられています!頑張っている仲間たちの姿をみんなちゃんと見てるんだね!

Q,中学校生活で足りないと思うものは?

A,「時間」という答えが大多数!3年生はもうすぐ卒業だし、受験も控えているからよりそう思うのかもしれませんね。高畠二中の最後の卒業生としてその思い出をたくさん校舎に刻んで欲しいです。みんな、ファイト!

 IMGP9461▲高畠二中らしく鬼ポーズでパチリ!「鬼が自分たちを見守ってくれているように感じます」という生徒達。高畠二中がなくなっても、「青鬼」のようなやさしい気持ちをみんな持ち続けて下さいね。

IMGP9452高畠第二中学校のみなさん、ありがとうございました!

MESSAGE&REQUEST

メッセージ&リクエスト受付中

シェア

このエントリーをはてなブックマークに追加