FRI(第1週)
21:00-21:30

主催:山形大学、エフエム山形
後援:山形県教育委員会

栗山 恭直
(山形大学理学部教授)
大屋 香里
(エフエム山形アナウンサー)
県内の中学生を対象に、最新の科学をわかりやすい実験を通じて紹介! サイエンスマジックを体感することで、科学への関心を高めるきっかけを作っていきます!
  • 山大サイエンスラボ

    実験の模様や生徒達の感想をお届けします。
  • エンジョイ!スクールライフ

    中学校の「今」を紹介!学校の特徴、生徒達の間で流行していること、人気の生徒・先生、話題の部活動や取り組みを生徒達にインタビュー!学校の知られざる一面がわかるかも?
2015.12.17.Thu

山大サイエンス★らぼ 米沢四中編

  20151022日訪問

今回は、米沢市立第四中学校にお邪魔しました。実験に参加してくれたのは34組のみなさんです。テーマは、「オワンクラゲの発光の仕組み(化学変化と光エネルギー)」!栗山先生十八番の実験ですよ!それではLets Challenge(^^♪ 

IMGP9290まず、発光させるには光、熱、化学反応、電気で光る、の4つの方法があります。「実は私たちの身の回りには蛍光を発するものがたくさんあるんです」との先生の説明に、真剣なまなざしの生徒達。配達後のはがきやお札、栗山先生の名刺などをブラックライトで照らすと、普段肉眼では見えないバーコードやデザインが浮き出てきました!わお!(;O;)

IMGP9297また、給食でみかんを食べた手にブラックライトをあてたら、あれ?手が青く光ってる!!これにはみんなかなり驚いた様子でした!実はビタミンに反応して光る性質があるんです。みかんを食べてから、手をしっかり洗っていないことがバレてしまいました・・・笑 みかん・ビタミンが手に付着しただけでも光るっていうのは驚きでしたね。

IMGP9299オワンクラゲやホタル、発光キノコなどが光るのを「生物発光」といい、体の中で化学反応がおき、そのエネルギーを光に変換させて自身を発光させているんです。私たちの体の中でも常に化学反応が起きているんですよ~!今回は収録の翌日が10月23日「化学の日」ということで、3年4組の生徒全員に栗山先生から化学バッジのプレゼントもありました!みんな、このバッジを胸に、これからもサイエンスマジックを体感してみてくださいね!

MESSAGE&REQUEST

メッセージ&リクエスト受付中

シェア

このエントリーをはてなブックマークに追加

2015.12.17.Thu

エンジョイ!スクール・ライフ 米沢四中編

2015年10月22日訪問

ここでは、米沢市立第四中学校のみなさんのスクールライフ、学校の「今」を、皆さんからご記入いただいたアンケートを基に、いくつかご紹介していきます。

IMGP9313  全校生徒数が510人と米沢で一番生徒数が多い米沢四中はこの春、新しい校舎ができたばかり!外観はもちろん、中はピカピカでとっても快適!「校舎をきれいにしよう!」という意識も非常に高く、みんな掃除も念入りに行っていました。11月4日の歌声フェスティバル、そして8日の新校舎竣工記念式典での全校合唱披露に向けて、みんな昼休みも歌の練習を頑張っていました!

<中学校生活について>

Q,米沢四中の楽しい先生・生徒といえば?

A,理科の山口ヨウヘイ先生。木村先生。楽しい生徒には、エンジョイスクールライフのコーナーにも出演してくれた、よしけんこと、よしだけんとくん。堤和也くんの名前があがっていますね。ギャグセンスが高くて毎日クラスのみんなを笑わせてくれる。とてもユーモアがあり3-4組の誇りです!との褒めちぎった回答も!さすが、クラスのアイドル的存在ですね!

Q,中学校で今、一番楽しいと思っていることは?

A,休み時間に友達と話すこと、ふざけあうこと、みんなで思いっきり笑って遊んでる時間が最高との声がありましたよ!3年生は中学校生活最後の貴重な時間ですから、思いっきり仲間たちと満喫してほしいですね。

Q,中学校生活で足りないと思うものは?

A,「時間」「給食」という答えが大多数。そんな中、RNリヒテンシュタインさんからは「学校は十分な校舎が建ったけど自分の学力が足りない」とのなんともせつない回答も…。受験生、まだまだこれからだ!ファイト!

image2▲今回は昼休みでの収録でしたが、出演者が全員男子、ということもあってかなり男くさいインタビューとなりました!笑 みんな息ピッタリで、ノリツッコミし合う非常に楽しい時間となりましたよ!

★IMGP9307

 米沢第四中学校のみなさん、ありがとうございました!

MESSAGE&REQUEST

メッセージ&リクエスト受付中

シェア

このエントリーをはてなブックマークに追加

2015.10.29.Thu

「山大サイエンス★らぼ」最上中編

  2015917日訪問

今回は、最上町立最上中学校にお邪魔しました。実験に参加してくれたのは1年生のみなさんです。テーマは、「身の回りの液体を調べてみよう」!今回初めて行う実験です。私たちの身近にある液体:台所用洗剤、虫刺され薬や、食塩水、お酢、重曹、クエン酸、炭酸水、海水…あとは理科室にある塩酸、水酸化ナトリウムの液体の性質がアルカリ性なのか、酸性なのか紫キャベツの色の違いから判断していきます。それではLets Challenge(^^♪ 

IMGP8872まずは、机の上に置かれた溶液が酸性かアルカリ性か予想をたてていきます。みんな「う~ん…」と首をかしげて相談中。「海水はアルカリ性かな?」とまずは勘を頼りに予想をたてる班も。栗山先生から、「その溶液がすっぱいかどうか」「案外容器に書いてある」というヒントも飛び出しました。注意深く興味を持っているとわかるかもしれないとのことですよ!

IMGP8877みんなの予想は当たるんでしょうか…?ドキドキしながら溶液に紫キャベツをたらすと…!見る見るうちに色が変わっていきます。PH識別表を見てその色の性質がわかるんですが、「色が緑、ってことは中性じゃん!」など予想と違う結果が出ている班も・・。赤、ピンク、紫、青、緑、黄色と、6色ほどの色に変化するんですが、この色から酸性とアルカリ性の強さがわかります。

IMGP8879PHで酸性とアルカリ性の強さを数字で示すことができるのですが、7は中性【緑】。それよりも小さい数字が酸性【赤】で、小さい数字ほど酸性が強くなる。7よりも大きい数字がアルカリ性【黄色】で数字が大きいほど強いアルカリ性となります。PHによって色もだんだんかわってくるわけです!今回、初めて行った実験だったんですが、私たちの身近にある液体が何の性質を持っているのか、色で識別できたころがとても勉強になったようですよ!

MESSAGE&REQUEST

メッセージ&リクエスト受付中

シェア

このエントリーをはてなブックマークに追加

2015.10.29.Thu

エンジョイ!スクール・ライフ 最上中

2015年917日訪問  

ここでは、最上町立最上中学校のみなさんのスクールライフ、学校の「今」を、皆さんからご記入いただいたアンケートを基に、いくつかご紹介していきます。

IMGP8888 1986年、町内にあった4つの中学校が統合して開校した最上中学校は、町役場など公共施設が集中する向町地区にあります。地域の方々と触れ合う機会も多くあり、最上中のJRC委員会では近くの老人ホームや、幼稚園への訪問を行っているそうですよ。先生と生徒の距離も近く、非常に明るくフレンドリーな子供たちが多かったです。

 

<中学校生活について>

Q,最上中の楽しい先生・生徒といえば?

, 高嶋先生、よしゆき先生、矢部先生。楽しい生徒は、応援団長のかんゆういちくんと、こうへい君の名前が挙がっていました!基本的には、最上中の先生・生徒はみんなおもしろいそうです。インタビューの様子からもなんとなく伝わったんじゃないでしょうか。

 

Q,中学校で今一番楽しいと思っていることは?

友達の会話、休み時間、部活動、数学の授業など。RN・クラウンさんからは、「学校生活すべてが楽しいです!先生も優しいし、世界一の学校だと思います!」、RNOKファクトリーさんからは「クラスのみんながやさしい楽しい最高のクラス」との声が寄せられていました!自分のクラス・学校が最高だと胸を張って言えるのは最上中生として何より誇らしいことだと思いますよ♪

 

Q,中学校生活で足りないと思うものは?

A,「休み時間」「給食」「自由」「キラキラ青春!」「イケメン」というある意味中学生らしい回答から、「脳みそ」「テストの点数」などといったシリアスな回答もありました…。でも、みんなの間で流行っていることは「勉強」とか、休み時間はみんな学習センター(図書館)に行きます!という声も多くありましたから、次のテストは期待できる?!最上中生は勉強の秋!なのかな?

 

Q,中学校で話題になっている部活動は?

A,吹奏楽部、柔道部、スキー部、テニス部、野球部、サッカー部、バスケ部など

特に多かったのは、吹奏楽部と柔道部。吹奏楽部はドラムやトロンボーン、マーチングがかっこいい、柔道部の県大会での活躍ぶりには脱帽です・・・・。との声が寄せられていました。

 

▼にぎやかでざっくばらんなインタビュー!先生のアシストもお見事でした!

IMGP8883 ▼実験に参加してくれた1年生のみんなと記念撮影!IMGP8881a

 最上中学校のみなさん、ありがとうございました!

MESSAGE&REQUEST

メッセージ&リクエスト受付中

シェア

このエントリーをはてなブックマークに追加

2015.10.15.Thu

「山大サイエンス★らぼ」 叶水中編

2015723日訪問

今回は、小国町立叶水小中学校にお邪魔しました。実験に参加してくれたのは中学生のみなさんです。テーマは、「感光性樹脂を使ったオリジナルスタンプづくり」!生徒や先生にも大人気の実験ですよ!それではLets Challenge(^^♪ 

CIMG3880まずは、あらかじめ考えてきたもらった自分のデザインを特殊な黒いシートに下絵を描いていきます。シャーペンで削りながらの作業なんですが、これが意外と難しい!定規を使ったデザインや、自分の家の家紋をスタンプにしている生徒の姿も!世界に一つだけの家紋入りオリジナルスタンプが完成したら、家宝にもなるかも?しれませんね!

出来上がった下絵を感光性樹脂に貼り付け、紫外線をあてていきます。この日は天気も良かったことから、初めて自然光を使いました!窓際で5分ほど日光をあてると、樹脂は性質が変化していき、デザインした部分だけ水に溶けなくなります。

CIMG3886感光性樹脂を洗い流していくと、どんどん凹凸が出てきて、下絵が写っているのがわかります。定規で書いた細いデザインはなかなかラインが出にくい様子。もうちょっと水で洗い流してみよう!とのアドバイスを栗山先生から受けながら一生懸命実験に取り組んでいきます!努力の甲斐あって、みんななかなかの力作が出来上がっていましたよ!その中で、一番うまくできたのが先生の花まるスタンプでした^^笑

CIMG3887生徒達から「こんなに簡単に楽しくスタンプができるなんて驚き!」「感光性樹脂を使ってもっと色々な実験をしてみたい」との感想が寄せられ、実験も大成功でしたよ!◎ 

MESSAGE&REQUEST

メッセージ&リクエスト受付中

シェア

このエントリーをはてなブックマークに追加

2015.10.15.Thu

エンジョイ!スクール・ライフ 叶水中編

2015723日訪問 

ここでは、小国町立叶水小中学校のみなさんのスクールライフ、学校の「今」を、皆さんからご記入いただいたアンケートを基に、いくつかご紹介していきます。

CIMG3871  叶水小中学校は非常に自然環境豊かなところにあり、窓を開ければ虫の鳴き声が聞こえ、時折たぬきや猿の姿も見られます。全校生徒は17人で、みんな家族のように仲が良く、この日は保護者参観日だったことから、保護者の方、先生も混じりながらのとってもアットホームな収録でした!

<中学校生活について>

Q,楽しい先生・生徒といえば?

小林先生。エンジョイスクールライフのコーナーにも登場してくれた小野教頭先生。楽しい生徒には、1年の松井あきらくん!

Q,中学校で流行っていることは?

A,「じゃんけん大会」!これ、負けた方は、腕立て伏せを5回やらなければいけない罰ゲーム制なんですって。なんとも白熱しそうな、ザ・体育会のじゃんけん大会ですね。ちなみに一番強いのは、楽しい生徒でも名前の挙がっていた松井あきらくんで、自他ともに認める叶水中のじゃんけん王なんだそうですよ。

Q,中学校生活で足りないと思うものは?

A,「生徒数」「休み時間」という回答がありました。「もし、10分休み時間が延びたら何をしたいですか?」と聞いたところ、「叶水中での10分は、他の学校の1時間くらいの感覚だから、お昼寝したい! とにかく遊んでいたい!とのこと。自然豊かなキャンパスだと時間の流れもゆっくりに感じるのかな?

▼男子オンリーのインタビューでしたが、大盛り上がりでした♪

CIMG3897▼叶水中学校の生徒と先生みんなでパシャリ!とってもいい表情ですね!

CIMG3892

叶水小中学校のみなさん、ありがとうございました!

MESSAGE&REQUEST

メッセージ&リクエスト受付中

シェア

このエントリーをはてなブックマークに追加

2015.09.25.Fri

「山大サイエンス★らぼ」金井中編 

201576日訪問

今回は山形市立金井中学校にお邪魔しました!実験に参加してくれたのは24組のみなさんです。テーマは、「吸水性ポリマーで芳香剤を作ろう」!番組でも初めての実験ですよ!それではLet’s Challenge(^^

IMGP7568まず、ポリマーとは、数万個の分子であるモノマーが繰り返しつながってできた高分子のこと。オムツやペットボトルなど、私たちの身近でも使われているんです。ポリマーは山形県内の人口112万人が手をつないでようやく数個できるくらいのものなんだ、という栗山先生の説明に生徒たちは驚いていましたよ。

IMGP7569

次に、吸水性ポリマーに水を加えて変化を見ます。水を数滴加えて、虫眼鏡で観察すると・・・? なんと!ポリマーが水を吸い込み、何十倍にも膨れがっていくではありませんか!!その様子に思わず身を乗り出して観察したり、不思議そうな表情を浮かべたりする生徒の姿も。これは「浸透圧」によるものなんですって。

IMGP7566そして、いよいよ芳香剤作り!カップに水を入れ、ラベンダー・ローズ・せっけんの3種類の中から、好きな香料を選んで数滴たらし、ポリマーを投入。割りばしでかき混ぜると、どんどん水がなくなって、プルプルの塊に!お気に入りの芳香剤の完成にうれしそうにピースする生徒達。今回、初めての実験だったんですが、実験は大成功!水を吸い込む「浸透圧について」も興味を持った生徒もいましたよ。これからも色々な実験に挑戦してみて下さいね!

MESSAGE&REQUEST

メッセージ&リクエスト受付中

シェア

このエントリーをはてなブックマークに追加

2015.09.25.Fri

「エンジョイ!スクール・ライフ」金井中編

 201576日訪問  

ここでは、山形市立金井中学校のみなさんのスクールライフ、学校の「今」を、皆さんからご記入いただいたアンケートを基に、いくつかご紹介していきます。

IMGP7564 金井中学校は嶋地区が学区エリアにあることから、生徒数が年々増えている県内でも数少ない学校です。部活動も盛んで、特に吹奏楽部は東北トップレベル!東日本吹奏楽大会にも出場し、毎年優秀な成績をおさめています。

<中学校生活について>

Q,中学校で今、一番楽しいと思っていることは?

A,行事、体育祭!という声が特に多かったです。3年生のさくらさんは、『体育祭ではクラスの団結力が深まり、後輩たちが頑張っている姿を見て負けてられないと思います。今年は最後なので、悔いの残らないようにしたいです!』と意気込みも書いてくれています!思い出に残る体育祭になったかな?この他には部活動や友達とのふれあい、昼休みのバスケなど。個人的には「理科の実験が楽しい」という回答がちらほらあったのがうれしかったです。

 

Q,中学校の楽しい先生といえば?

A,とにかくなまっているのが面白い!と人気の奥山先生の他に、相澤先生、大場先生の名前が挙がっていました。

Q,中学校生活で「足りない」と思うものには?

A,「時間」「挙手発言などの積極性」「応援や挨拶の声の大きさ」、「自分の勉強量」が足りない!など、真面目な回答が多かったです。きっと夏休みの宿題を早く終わらせる子も多かった…はず?

▼インタビューにも真剣なまなざしで応じてくれる生徒達。会話も盛り上がりましたよ!

IMGP7577 ▼2年4組のみなさんとパシャリ!初めての実験だったけど、大成功でした!

IMGP7575 山形市立金井中のみなさん、どうもありがとうございました♪

 

 

MESSAGE&REQUEST

メッセージ&リクエスト受付中

シェア

このエントリーをはてなブックマークに追加

2015.07.23.Thu

「山大サイエンス★らぼ」飯豊中編 

2015616日訪問

今回は飯豊町立飯豊中学校にお邪魔しました!実験に参加してくれたのは12組のみなさんです。テーマは、「音は波?音速を計算してみよう」!それではLets Challenge(^^

まず、専用の装置:デジタルオシロスコープと高周波発生装置を使って音が波であることを確認していきます。百聞は一見にしかず!ということで装置を使って音をみてみると、波形がモニターに!音は高くなると幅が狭くなって、低くなると幅が広くなるんです! CIMG3836

次は、10代の若者にしか聞こえない「モスキート音」の実験!約10キロヘルツの音は生徒達にはかなりキーンと聞こえていたようですが、50代の先生たちには、???な様子。年齢によって聞こえる音と聞こえない音があるだなんてびっくりですね。

音が伝わる速度をみる実験では、音に感知して電球が光る装置を使って行ったんですが、生徒たちは大興奮!「この装置どうやって作るの?」「光と音、どっちが速いのかな?」と質問も飛び交っていました。

CIMG3835

続いて音速の測定です。オシロスコープとマイクを2本使って、1本は手前側に、もう一本は数メートル先におきます。マイクの間隔があけばあくほど、音の到達時間に差が出てくるんです!生徒に思いっきり手をパン!と大きくたたいてもらうとモニターには2本の波がずれた状態で映し出されていました。みんなには難しい計算式と電卓を使ってこの2つの値から音速も測定してもらいましたよ!

CIMG3837

まだ習ったことのない単元、使ったことのない装置を使っての実験だったんですが、みんなとにかく一生懸命取り組んでくれました。特に吹奏楽部や合唱部の生徒から「音がどんな風に伝わっていくのか、普段からもっと意識していきたい」との声が聴けて、嬉しかったです。みんなこれからも身近なサイエンスマジックを体感してみてくださいね!

MESSAGE&REQUEST

メッセージ&リクエスト受付中

シェア

このエントリーをはてなブックマークに追加

2015.07.23.Thu

「エンジョイ!スクール・ライフ」飯豊中学校

2015年6月19日訪問

ここでは、飯豊中学校のみなさんのスクールライフ、学校の「今」を、皆さんからご記入いただいたアンケートを基に、いくつかご紹介していきます。

MINOLTA DIGITAL CAMERA 飯豊中学校は西置賜郡にある学校で、歌声が自慢です。毎日10分間の歌声活動を行い、合唱に取り組んでいます。年に3回、地域の方々に向けての発表会も行っているのだとか。先輩・後輩、先生との仲の良さも感じられました!学校のすぐ側には墓地があったので、夏なんかは肝試しもできそうですね!

<中学校生活について>

Q,中学校の楽しい先生といえば?

A,エンジョイスクールライフのコーナーにも登場してくれた佐藤純先生。3年生からは、数学の小野先生が好き!という声がありました。小野先生は大学時代のあだ名がポポロンで、普段はリアクションがかわいいんだけど、授業はビシバシ厳しい!なんて話をしていました。受験生にはありがたい先生ですね。

Q,中学校で今一番楽しいと思っていることは?

A,「休み時間」「友達とのおしゃべり」「部活動」という声が多数!休み時間に宿題を終わらせるためにあくせくしています!なんていう声もありましたけど笑

Q,学校で話題になっている部活動は?

A、柔道部・卓球部・サッカー部、バレー部と運動部の名前が多い中、一番名前が挙がったのは吹奏楽部!朝練習を毎日頑張っている。部員のさいとうたくまくん、井上ちかさんがいつも頑張っている、東日本大会も夢じゃない!なんていう回答が多くありましたよ!みんなにもそのがんばり、伝わっていると思います。

                                                   

▼インタビューの様子をパチリ!真面目な1年生コンビと、面倒見のいい3年生お姉さんコンビの掛け合いで盛り上がりました!

CIMG3845▼実験に参加してくれた12組のみなさんと集合写真!


CIMG3839飯豊中のみなさん、どうもありがとうございました♪

MESSAGE&REQUEST

メッセージ&リクエスト受付中

シェア

このエントリーをはてなブックマークに追加