メニューへ

番組審議会

第318回エフエム山形番組審議会議事概要

第318回エフエム山形番組審議会が2月18日木曜日、山形市のエフエム山形本社会議室で開かれ、1月22日(金)午後7時から9時55分まで3部構成で放送した自社制作番組「JAZZの日特番…Easy JAZZ」を試聴・合評した。同番組は、年末年始をラジオと共に過ごしていただくよう企画したFM山形「フユノリズム」キャンペーンのラストを飾る特別番組として、20年目の「ジャズの日」に放送した。時間を楽器別に区切り、7時台はピアノ、8時台はサックスやクラリネット、トランペット等の管楽器、9時台はギターやベースなどの弦楽器によるジャズ・ミュージックの名作をオンエア。ナビゲーターは、「山形が自分のジャズ・ライフの原点」というフリーアナウンサーの板橋恵子。

◎ナビゲーターの低い落ち着いたトーンの話し方が、JAZZにぴったりだった。時間帯によって主演奏の楽器を区別した試みは良かった。トークがあって曲というシンプルな構成が、JAZZの雰囲気とマッチして、雪が降る夜にぴったりな充足感がある番組だった。

◎JAZZに造詣が深い出演者だからこその選曲はとても聴き応えがあった。自分が知っている楽曲でも、時代や演奏者によって曲調は変わるもの。巧みにMIXされた楽曲群が心地よかった。同じJAZZ系番組でも出演者によってカラーは変わるもの。今後も様々なパーソナリティを起用したJAZZ番組を企画してほしいものだ。また今回は単独出演であったが、掛け合いでの進行も良いのではないか。

◎3時間の長い番組を飽きさせない、出演者の知識の引き出しの多さに驚いた。JAZZをあまり聴かないリスナーも入り込みやすい番組だったのではないか。

◎放送時間がちょうど家事の忙しい時間にあたっており、radikoのタイムフリー機能のおかげでゆっくり楽しめたが、番組の雰囲気からして、もう少し遅い時間に編成しても良かったのではないか。また番組とCMの音量に若干の差があると感じる箇所があった。是正をお願いしたい。

<出席>

平清水公宣委員長、逸見良昭副委員長、鮭延三枝子委員、山口由美委員、向田竜也委員

 

 

第317回エフエム山形番組審議会議事概要

2021年1月21日木曜日、山形市のエフエム山形本社会議室で開かれ、12月19日(土)午後6時から8時55分まで放送した自社制作番組「マイ・ハートフル・クリスマス」を試聴・合評した。同番組は、年末年始をラジオと共に過ごしていただくよう企画したFM山形「フユノリズム」キャンペーンのトップを飾る特別番組として制作、放送。邦楽洋楽問わず、クリスマスに誰もが耳にしたり口ずさんだりする古今東西の名曲に、曲解説を添えてオンエアした。パーソナリティは那須尚平と長谷部マサコ。スペシャルゲストに山形交響楽団コンサートマスター犬伏亜里氏。

【審議内容】
◎クリスマスに関連する楽曲のみの構成は楽しかった。懐かしい楽曲から、最新の楽曲へと流れるラインナップは聴き応えがあった。定番曲も良きタイミングで配置されていたと思う。選曲ジャンルの幅広さも、リスナー層を限定せず、多くの世代に届けるために効果的だったのではないか。

◎スペシャルゲストの生演奏は、その場にいるかのような臨場感があり、高い録音技術に驚愕した。

◎「時をこえて」の副題通り、新旧の楽曲群が適正なバランスで演奏された為、幅広い世代の多くのリスナーが、それぞれの時代のクリスマスに思いを馳せたのではないか。

◎曲解説のトークは興味深かったが、曲だけでなく「クリスマス」に関するものが多くてもよかったのではないか。

◎コロナ禍で制限された日々のなか、ゆったりと楽しめる番組だった。経験豊富なベテランパーソナリティは、トークに共感が持てるため必要だと思う。また全国に誇る事ができる地元のアーティストを起用する事には大きな意味があると思う。これからも番組内で全国に向かって、県人アーティストを発信し続けてほしい。

等の意見が寄せられた。

 

第316回エフエム山形番組審議会議事概要

2020年11月19日木曜日、山形市のエフエム山形本社会議室で開かれ、10月24日(土)午前11時から正午まで放送した自社制作番組「2020年度山形青年会議所10月例会 山形交響楽団・山形市内高等学校吹奏楽部合同演奏会」を試聴・合評した。この番組は、山形青年会議所と、山形交響楽団がタイアップして、新型コロナウィルスの影響で発表の場が減少している高校生に発表の場を提供。思い出作りを支援するのを目的に、10月17日(土)県総合文化芸術館で開催された演奏会を録音。ダイジェストにまとめ、関係者のインタビューを交えて制作した。コロナ禍における山形青年会議所と高校生の思いを演奏とトークで伝えた。ナビゲーターはFM山形アナウンサーの福田雅。

【審議内容】
◎高校生たちのひたむきな演奏と、山響のプロフェッショナル演奏を同時に聴くことができた貴重な番組だった。楽団員のアドバイスは、高校生に対する慈愛に満ちていた。山響のメンバーがいかにして現在に至ったかという話は、夢を持つ高校生の良い刺激になったのではないか。

◎コロナ禍において、思ったような行動・活動ができない中、高校生たちに大きな夢を与えた番組だった。また演奏会を企画・主催した山形青年会議所の、街づくり・人づくり活動の一部を垣間見ることができる良い機会でもあった。さらにライブ演奏に懸ける山響の強い気持ちをも感じた。

◎FMラジオらしく、演奏音が非常にクリアであった。プロの演奏パートはもちろん素晴らしかったのだが、もう少し高校生の演奏パートを広げてもよかったのではないか。

◎このような企画・催事をラジオ番組にするのはとても大切。これからも各団体・組織と協力し、若者に夢を与える番組制作を続けてほしい。

等の意見が寄せられた。

 

第315回エフエム山形番組審議会議事概要

2020年10月15日木曜日、山形市のエフエム山形本社会議室で開かれ、9月19日土曜日午前11時から11時55分まで放送した自社制作番組「コチラ!ソナエル相談所~防災月間スペシャル」を試聴・合評した。この番組は、山形県が定める「9月防災月間」に合わせて制作した、夕方ワイド番組「MAGIC」内で放送している防災・減災について学ぶコーナー「こちら!ソナエル相談所」のスペシャル版。ゲストに、県に縁がある防災士やお笑いタレントを招き、難しく考えがちな「防災」を、楽しく、分かりやすく伝える事をメインコンセプトとした。ナビゲーターは田中記子。

【審議内容】
◎大変意義のある番組だった。防災に対する意識は高まりつつあるものの、自分自身に降りかかってこなければ、なかなか実感できないもの。強い意識を持ち続ける為にも、継続して制作してほしい番組のひとつだ。

◎ゲストの防災士や、お笑いタレントの話はテンポが良く、難しい用語なども耳に入りやすかった。リスナーからの防災体験談メッセージも興味深かった。硬くなりやすい話題を3つに区切り、聴きやすくまとめた番組構成にも工夫が感じられた。伝わりやすかったのではないか。

◎番組タイトルにゲストの名前を冠するなどして、様々なリスナーに興味を持ってもらえるようなアイディアは必要なのではないか。また、エフエム山形が自治体と提携を結んでいる「防災ラジオ」についての言及もほしかった。

◎災害発生の時、ラジオの役割は重要だと思う。これからもラジオの必要性をアピールするような番組制作を期待したい。

等の意見が寄せられた。

 

第314回エフエム山形番組審議会議事概要

2020年9月17日木曜日、山形市のエフエム山形本社会議室で開かれ、9月12日土曜日9時00分から9時30分まで放送した自社制作番組「市町村番組・ふるさと納税わがマチへ~河北町編」を試聴・合評した。この番組はFM山形開局30周年記念番組として制作されたのを発端にした第3弾企画で、山形県内各自治体の首長や住民等をゲストに迎え、故郷自慢や進行中の施策を紹介してもらうプログラム。今期は県内各自治体の「ふるさと納税」をテーマにし、寄付や活用の実績はもちろん、全国から評価の高い返礼品についても詳しく紹介している。ナビゲーターはエフエム山形代表取締役社長桑嶋誠一。

【審議内容】
◎ふるさと納税に関しては大いに興味がある。町の状況を語る町長のやわらかい口調が印象的だった。今まで詳しくは知りえなかった河北町の魅力も伝わったと思う。タイトルから察するに難しい番組と思いがちだが、出演者やナビゲーターの故郷を愛し応援する気持ちが伝わるあたたかい番組だった。

◎担当課の説明も具体的な数字が入っており、理解しやすかった。また直前の豪雨被害に関しても言及していたが、一般的な報道よりも、被害を受けた当事者の話は重みがあり、耳に入ってきやすかった。

◎全体的に固いトークが多かったのは否めない。情報が多かったとは言え、出演者の人数が多すぎたのではないか。実際にふるさと納税をした方々の声があっても良いのではないか。また、返礼品に関しては、生産経緯のみならず、活用法・食べ方等の説明が入れば、町外リスナーになお喜んでもらえるのではないか。

◎地域密着という言葉がふさわしい企画。この様な番組をradikoを通じて全国に発信するのが、地方局の役割なのではないか。

等の意見が寄せられた。

 

第313回エフエム山形番組審議会議事概要

2020年8月27日木曜日、山形市のエフエム山形本社会議室で開かれ、8月1日土曜日の20時00分から22時00分まで放送した自社制作番組「ラヂヲ怪談劇場~二十時の電話」と、8月13日木曜日の13時30分から21時55分まで(15時45分から17時00分は除く)放送した自社制作番組「YAMAGATA RADIO ROCK FEST.」を試聴・合評した。両番組はFM山形夏恒例キャンペーン「ナツノリズム2020」の一環で制作された特別番組。「ラヂヲ怪談劇場~二十時の電話」は、山形市在住の怪談作家・黒木あるじ氏総監修の元、東北の気鋭怪談作家作品を朗読ドラマで紹介。「YAMAGATA RADIO ROCK FEST.」は、ラジオ内での音楽フェスをテーマに、邦楽・洋楽・ライブ音源等を長時間に渡り演奏した。これら特別番組と合わせて、ナツノリズム期間中は、FM山形公式SNSのフォロー&リツイートキャンペーンも展開。フォロワー総数は約1万2千人、リツイート総数は約9千件という成果を上げた。

【審議内容】
◎怪談劇場は、年代を越えて楽しめたのではないか。シーンを想像して楽しむラジオの魅力を堪能できた。日常の中に潜む実話怪談というテーマや短編を選択したのが良かった。 怪談がなぜ真夏に語られるのか等の解説も興味深く、OPENINGや、ドラマの中の効果音も、恐怖感を引き立てたのではないか。選曲も良かった。今後も夏の定番として制作して良いのではないか。

◎怪談劇場と銘打っているのだから、提供クレジットやインタビューパートに関しても、もっとおどろおどろしいBGMや演出にしたり、演者とインタビューアーを変えてみたり、一貫して「怖さ」を表現しても良いのではないか。

◎RADIO ROCK FESTは、大型連休時に放送された第1回より、かなりブラッシュアップされていたと思う。男女の掛け合いも軽快だった。出演者の「音楽愛」が伝わりとても楽しめた。選曲もリスナーを巻き込んでいて、一緒に番組を作っている実感が持てたのではないか。曲順が的確だった為、知らないアーティストの楽曲も耳に入って来た。2回目とは言え、すっかりエフエム山形の音楽番組として定着したのではないか。

◎RADIO ROCK FESTは、今後山形県ゆかりのアーティストを加えるなど、更なる工夫もほしいところだ。パーソナリティの一部早口も気になった。

◎地方局からでも全国に番組を発信できる時代。企画・コンテンツを充実させ、一層の認知度アップを期待したい。

等の意見が寄せられた。

 

第312回エフエム山形番組審議会議事概要

2020年7月27日月曜日、山形市のエフエム山形本社会議室で開かれ、7月23日木曜日・海の日の13時30分から16時45分まで生放送した自社制作番組「ALLリクエストスペシャルMY SUMMER TIMEカセットテープナンバー」を試聴・合評した。FM山形夏恒例のキャンペーン「ナツノリズム2020」の一環で制作された特別番組で、リクエスト曲は、音楽メディアとしてカセットテープが全盛であった1970年代後半から1990年代前半までの「夏」楽曲だけに絞った。ターゲットは、その時代に青春を謳歌したであろう40歳台50歳台60歳台のリスナー。タイトル通り全ての選曲をリクエストに委ね、フルコーラス演奏とした。出演は岩崎敬とFM山形初出演の香坂あかね。

【審議内容】
◎オールリクエストという企画はよかった。また全曲フルコーラス演奏は満足感があり、曲間に聞こえる波の音も夏のイメージを拡げるのに効果的だった。リスナーは、次にどんな曲が演奏されるのだろうと期待をふくらませて聴いていたのではないか。

◎楽曲の発表年代・リスナーターゲットを絞ったからこそ、一層聴きたいひとがたくさんいたのではないか。カセットテープ世代のリスナーは放送時間中ラジオから離れられなかっただろう。またFM山形初出演の女性パーソナリティは好感が持てる話し方で、男性との掛け合いも楽しかった。

◎番組と連動させたSNSやアプリケーションはラジオと相性が良いと思う。これらを駆使した今後のナツノリズム企画展開にも期待したい。

◎楽曲中心の構成のせいか、パーソナリティのトークやメッセージ紹介が少なく物足りなかった。リスナーのリクエストがどんな背景で寄せられたのか等を紹介すれば、より選曲に共感できたのではないか。また演奏する楽曲のジャンルを、時間ごとに分ける等してもよかったのではないか。

等の意見が寄せられた。

 

第311回エフエム山形番組審議会議事概要

2020年6月18日木曜日、山形市のエフエム山形本社会議室で開かれ、5月22日金曜日22時00分から23時55分まで生放送したTOKYO FM制作特別番組「村上RADIOステイホームスペシャル~明るいあしたを迎えるための音楽」を試聴・合評した。当番組は、新型コロナウィルスの影響で外出自粛が強いられた時期に、緊急特別番組としてFM山形を含むJFN(ジャパンエフエムネットワーク)38局で同時生放送された。作家の村上春樹氏をパーソナリティに迎え、全体的にリラックスした雰囲気で構成したが、同時に「明日をあかるく迎えるための歌」を集めた強いメッセージを織り込んだ番組となった。

【審議内容】
◎まさに「聴き応えのある番組」。単純な創りとは言え、言葉や音楽が耳に入ってくるのは、やはり演者の力量であり、制作ディレクターのコーディネート力だと思う。曲とトークのつなぎ目もスムーズで、かつ村上氏の歌詞の解説も絶妙で、リスナーメッセージに対するコメントも優しく、真心が伝わったと思う。

◎ステイホームを応援する有意義な番組。村上氏のトークは常に自然体でリラックスできた。コロナ感染拡大の影響で苦しんでいるリスナーへの心づかいもあり、人となりが感じられた。また、歌詞や演奏者の説明は、楽曲の深さを理解するに十二分のものだった。

◎ムダな言葉をいっさい排除し、言葉を選び抜いたトークは心に響いた。村上氏の嗜好や普段の生活なども垣間見えて、聴き所の多い番組。トークの流れは小説を読んでいるようにも感じた。リスナーとのあたたかいやりとりも感動しました。放送時の深夜にかけての時間帯を意識したであろう選曲も見事。ステイホームを悲観的に捉えるのでは無く、前向きに過ごす事を提案し応援してくれる強いメッセージを感じた。提供社のラジオCMも、この番組の為のCMという感じで一体感があった。

◎放送時間帯が深夜にかかっていただけに、聴きのがした方も多かったのではないか。番組宣伝に少々力を入れて欲しかった。次回は邦楽の特集を制作しても良いのではないか。

等の意見が寄せられた。

 

第310回エフエム山形番組審議会議事概要

2020年5月21日木曜日、山形市のエフエム山形本社会議室で開かれ、5月4日月曜日(みどりの日)12時00分から19時55分まで生放送した自社制作特別番組「YAMAGATA RADIO ROCK FEST」を試聴・合評した。当番組は、政府の緊急事態宣言発出を受けエフエム山形が提唱した「STAY HOME,STAY TUNED~こんな時こそ、おうちでラジオキャンペーン」の主力企画。ラジオの中に仮想の音楽フェス会場を作り、人気ロックミュージシャンの楽曲を連続かつフルコーラスで演奏、フェス会場をリスナーとパーソナリティと共に楽しむ設定で構成された音楽番組。インターネット端末用アプリ「radiko」や、ツイッター等のSNSとも連動し、県内のみならず県外リスナーからも反響を得た。出演は福田雅・松浦彩・伊藤こず恵・佐藤舞子・田中記子。

【審議内容】
◎連続かつフルコーラスで楽曲を聴けて、出演者同士のかけあいの魅力もあり、楽しい番組であった。番組内に挿入された、飲食店テイクアウトメニュー紹介企画もタイムリーだった。

◎リスナーターゲットを「ロック好き」「フェス好き」に絞ったところが良かった。企画趣旨「バーチャル空間での代行」はおおいに評価できる。昨今の情勢で、ラジオの存在は大きく見直されたと思う。今後のよりよい企画立案に期待がもてる番組だったのではないか。

◎番組の雰囲気に合わせているからなのか、トークに粗い箇所が散見された。日本語の美しさも残した上で語ってほしい。出演者の高揚感も、作られたテンションの様に不自然に感じられた部分があった。番組冒頭から噛んでしまうシーンでは、かけあいの出演者が、更に不安をあおるような表現ではなく、フォローで良いのではないか。

◎外出自粛の大型連休、ストレスが溜まっていたリスナーを、多くの音楽で癒す事ができたのではないか。構成も良く練られ、出演者が、楽曲に隠された意味やエピソードをアナウンスしてくれるシーンはラジオならではの魅力だ。前途あるすばらしい企画、今後のさらなる発展を期待したいところだ。

等の意見が寄せられた。