2018年3月1日OA「雪解け時の安全運転について ~春が近づく時こそ注意!!~」

文読んでいる暇がない!!という方のためのまとめ

①3月、気温が上がると雪解けが進み、路面がスリップしやすい状態が発生しやすくなる

②加えて、暖かくなるとドライバーの心も緩んで注意力も落ちてしまう

③外に出る人も増えることから、より接触事故への注意が必要!!

詳しい内容は↓↓↓

今回のご出演

〇山形県警察本部 交通企画課 石山さん

〇アナウンサー 福田マサシ


福田:いよいよ今年度最後の一か月ですが…この時期注意が必要なポイントはありますか?

石山:やはり「雪解け」ですね。

福田:?…春が近づいてむしろ喜ばしいと思うのですが…

石山:その【心のゆるみ】も危険なポイントです。

気温が上がって天気が良いとついついスピードを出しすぎてしまい、事故に発展した際、重大事故になってしまうことが考えられます。

福田:やはりドライバーの精神が事故に密接にかかわっているんですね。

石山:あとは【気温上昇による路面状況の変化】も忘れてはいけません。

道路脇の雪が気温が上がったことで解け、路面を濡らすことが想定されます。

福田:濡れた路面は非常に怖いですもんね。

石山:最後にもう一つ。【暖かくなると外に出る人が増える】。

接触事故の可能性が高まるますのでドライバーだけでなく、歩行者も注意が必要となります。

福田:暖かくなってきたとはいえ、油断はできませんね!!


来週の更新もお楽しみに!!